ハードウェア

映画とは違う現実の「潜水艦の魚雷攻撃」をベテラン潜水艦乗りが語る


ロサンゼルス級原子力潜水艦オハイオ級原子力潜水艦のソナー担当員を務め、大西洋と太平洋を股にかけた元アメリカ海軍の潜水艦乗りアーロン・エイミック氏が、現代の魚雷について分かりやすく解説しています。

Modern Submarine Torpedo Attacks Are Nothing Like What You See In The Movies - The Drive
https://www.thedrive.com/the-war-zone/33018/modern-submarine-torpedo-attacks-are-nothing-like-what-you-see-in-the-movies

エイミック氏によると、現代の魚雷はその駆動方式によって「熱式」と「電気式」の2つに大別することが可能だとのこと。


まず、熱式魚雷は水中でも燃焼できるように、外部からの酸素の供給が不要なオットー燃料IIが使用され、機関部にはガスタービンエンジンや斜板式エンジンが採用されます。

熱式魚雷の大きな特徴は、電気式魚雷に比べて高速で長射程だという点です。液体燃料はエネルギー密度が高く、最新のガスタービンエンジンは消音性にも優れるため、熱式魚雷は命中直前まで相手に気取られることなく水中を突き進むことができます。

一方、電気式魚雷は製造や維持管理が容易で取り扱う上での危険性も少ないため、熱式魚雷よりも普及しています。永久磁石を組み込んだ高トルクの電気モーターは、発射されると1秒未満で加速を開始して瞬時に50ノット(時速約92km)まで加速し、機械的な遅延を起こすことなく速度を調節できます。また、電気式魚雷のもう1つのメリットはモジュール化して臨機応変に運用するできることです。

例えば、ドイツ製のDM2A4 Sea Hake Mod 4という魚雷は、搭載するバッテリーを2~4個まで変更できます。バッテリーを減らせば軽量化が可能で、増やせば射程を伸ばせます。また、50ノットという速度はバッテリーの数に左右されることがなく、静音性にも優れています。

by ATLAS ELEKTRONIK

どちらの種類の魚雷にも共通しているのが、非常に静かだということです。そのためエイミック氏は「映画『クリムゾン・タイド』や『ハンターキラー 潜航せよ』では、シーンを盛り上げるために操縦士が魚雷を必死に回避しようとしますが、現代の潜水艦ではそういうことは起こりそうもありません。21世紀の魚雷攻撃の場合、ターゲットは破壊されるまで気がつかない可能性が高いからです」と指摘しました。


そのため、実戦を意識した演習では、2隻の潜水艦のうちどちらがより早く相手を見つけて、先制攻撃を行うかが重視されるとのこと。現代の潜水艦同士の戦闘についてエイミック氏は「潜水艦映画で人気のシーンである長時間のドッグファイトは現実では起こりません。実際の水中戦では攻撃を受けた側は、ほとんど反応する暇もなく淡々と殺されてしまいます」と述べました。

また、潜水艦から発射された魚雷には、以下の画像のようにワイヤーがついており、潜水艦の火器管制システムとデータリンクで接続されています。


このワイヤーを介した制御により、魚雷は火器管制官の指示があればいつでも爆発の規模を変更したり、標的を変更したりすることが可能で、即時停止することもできます。また、何らかの理由で接続が切れた場合は、魚雷は最後に与えられた命令に従ったり、事前にプログラムされた命令を適宜実行したりします。

潜水艦から魚雷に与えられる命令の中には、起爆することにより破壊的な影響を及ぼす範囲である「キルボックス」の設定も含まれています。このキルボックスは、誤った標的や自艦に損害を与えないように、いつでも大きさを変更可能です。また、魚雷は適切にキルボックスに到達できなかった場合は弾頭が起爆しないように不活性化され、エンジンも停止して海に沈んでいきます。そのため、映画「レッド・オクトーバーを追え!」のワンシーンのように、「コマンド入力で自爆させる」という事態も起こらないとのこと。


こうした例を踏まえて、エイミック氏は「現代の潜水艦用魚雷は非常に高性能で、驚くほど致命的なマシンです。『高速性』『致死性』『長射程』『低探知性』という強力な組み合わせは、海軍の運用する他の兵器に比べて大きな優位性を魚雷に与えています」と話しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
人が死ぬほどの影響を与えた強烈な映画いろいろ - GIGAZINE

「ゴジラなどの怪獣と人類が戦うにはどうしたらいいのか?」を数学者が考える - GIGAZINE

30年以上前に人類を核戦争による絶滅から守った1人の男とは? - GIGAZINE

映画やドラマに登場するサバイバルの手法は現実的なのか冒険家が採点 - GIGAZINE

ロシアが核弾頭を搭載し壊滅的なダメージを与えられる新型魚雷を開発中であることがニュースでばれる - GIGAZINE

目立ちまくりつつも敵の目をくらませるド派手な軍艦カモフラージュ塗装 - GIGAZINE

in ハードウェア,   乗り物, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.