乗り物

アメリカ空軍は自衛隊も導入しているステルス戦闘機F-35を「失敗」と認めつつあるとの指摘


アメリカの航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発した戦闘機「F-35」は、自衛隊も「地域の安定に多大な貢献をしてくれる期待の戦闘機」と太鼓判を押している記事作成時点では最新鋭のステルス戦闘機です。そんなF-35に対して、アメリカ空軍のトップが「失敗」と認めるような発言をしたと報じられています。

The US Air Force Quietly Admits the F-35 Is a Failure - ExtremeTech
https://www.extremetech.com/extreme/320295-the-us-air-force-quietly-admits-the-f-35-is-a-failure

F-35 Does Not Work, But It Will Cost $1.7 Trillion
https://www.esquire.com/news-politics/politics/a35631305/f-35-doesnt-work-1-7-trillion-dollars/

Brown Launching Major TacAir Study with CAPE, Considering ‘5th-Gen Minus’ - Air Force Magazine
https://www.airforcemag.com/brown-launching-major-tacair-study-with-cape-considering-5th-gen-minus/

2021年2月17日、アメリカ空軍の参謀総長であるチャールズ・ブラウン氏は記者団の前で、「空軍は今後数カ月間で、短期および長期的な航空戦力の配分を見直すための研究を実施します」と発言。F-35やF-22のように高価な第5世代戦闘機だけでなく、「第5世代マイナス」もしくは「第4.5世代」と位置づけられている比較的低コストな戦闘機が求められているとの見方を示しました。

また同時に、ブラウン氏は「今後は航空機の使用頻度は控えめにしていきたいと思います。毎日フェラーリで通勤するのではなく、日曜日だけフェラーリでドライブするのと同様に、我々の最高級機をローエンドな戦闘には使わないようにして、戦力の消耗を抑えていきます」と述べました。


海外メディアのEsquireによると、最新鋭の戦闘機を高級車に例えたブラウン氏の発言は、報道関係者の間で「F-35の失敗を暗黙の内に認めたもの」と受け止められているとのこと。IT系ニュースブログのExtremeTechも「フェラーリはこの発言を褒め言葉とは受け取らないでしょう。ブラウン氏のコメントは派手なものではありませんでしたが、F-35に対する空軍の姿勢が大きく変化したことがにじみ出ています」と指摘しました。

ExtremeTechによると、F-35はマルチロールファイター(多用途戦闘機)と呼ばれる戦闘機で、対空および対地攻撃などさまざまな役割を果たすことを目標に開発されたものだったとのこと。また、調達コストも比較的安価で手ごろな戦闘機になるとされていました。

しかし、完成したF-35は「割り当てられた任務を少なくとも1つ以上遂行できる機体の割合」である任務遂行率が69%と、アメリカ空軍が目標として設定している80%を大幅に下回る水準でした。F-35は他にも、「合計11種類もの問題点がある」と指摘されているほか、「弾がまっすぐ飛ばない不具合」などもあると報告されています。

航空自衛隊も導入しているステルス戦闘機F-35に「弾がまっすぐ飛ばない不具合」などが報告される - GIGAZINE

by Heath Cajandig

また、F-35は導入から退役までのライフサイクルコストが合計で1兆7270億ドル(約183兆2122億円)もかかるという試算結果もあり、「比較的安価な戦闘機になる」という当初の目算も外れてしまっているとのことです。

ExtremeTechは、「決定権を持つのは連邦議会なので、ブラウン氏の発言で何かが決まるというわけではありませんが、国防総省の誰かがこっそりと『F-35が果たすことになっていた役割が果たされることは決してない』と認めつつあるようです。第4.5世代の戦闘機の価格がいくらになるのかは分かりませんが、うまくいけばF-35よりは安くなるでしょう」とコメントして、アメリカ軍は今後改めて安価な戦闘機の開発を目指していく可能性が高いとの見方を示しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ステルス戦闘機F-35が抱える11の問題点 - GIGAZINE

航空自衛隊も導入しているステルス戦闘機F-35に「弾がまっすぐ飛ばない不具合」などが報告される - GIGAZINE

15年以上の開発を経て実戦配備が決定した最新鋭ステルス戦闘機「F-35」、その苦難の歴史まとめ - GIGAZINE

アメリカ軍が開発する戦闘機「F-35」の制御プログラムはバグだらけで改修に多くの費用と時間がかかる見込み - GIGAZINE

米軍はF-35戦闘機を含む多くの軍用機にレーザー兵器の搭載を狙っている - GIGAZINE

垂直離着陸可能なステルス戦闘機「F-35」の組み立て写真とムービー - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 乗り物, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.