試食

おぼろ豆腐にスープがたっぷり染み込んだ「とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ」など日清の新作カップスープ3種を食べてみた


フリーズドライの豆腐が入った日清食品のカップスープ「旨だし膳 おとうふの豆乳仕立てスープ 」と「純豆腐 スンドゥブチゲスープ」が2021年3月上旬に「とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ」「とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ」としてリニューアルされます。さらに、3月1日から登場する、麻婆豆腐をスープにアレンジした「とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ」も含めた3種類のカップスープが編集部に届いたので、スープがたっぷり染みこんだ絶品豆腐の味わいを一足先に確かめてみました。

「とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ」「とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ」(3月上旬より順次リニューアル発売)「とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ」(3月1日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/9252

「とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ」の見た目はこんな感じ。


パッケージには「絶品豆腐でうれしい糖質量 7.6g」と記され、ヘルシーさがアピールされています。


名称は豆腐入りスープで、原材料名を見ると、粉末豆乳・魚介調味料・昆布調味料・ゆず皮・ネギが含まれた「かやく入りスープ」や「豆腐」が含まれていることが確認できます。


1食当たりのカロリーは78kcal。


フタの裏には「とにかく豆腐がおいしいカップスープです」と記されています。


容器の中には、かやく入り粉末スープとフリーズドライの豆腐が入っていました。


かやく入り粉末スープと豆腐を容器の中に入れます。


次に、容器内側の線まで熱湯を注ぎます。


フリーズドライの豆腐は、お湯を入れる前は1つのブロックのようでしたが、お湯を注ぐと自然にほぐれて離れます。


熱湯を注いだらよく混ぜて……


30秒ほど待てば完成です。


食べてみると、豆腐はスープを吸い込んでなめらかな食感。また、スープに含まれる豆乳・ホタテ・昆布・かつお節のうま味が豆腐に染みこみ、濃厚な味わいを楽しめます。さらに、爽やな酸味のゆず皮がたっぷり入っているので、濃厚ながらスッキリとした後味を感じることができました。


次は、「とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ」を食べてみます。純豆腐(スンドゥブ)とは、日本のおぼろ豆腐にあたる朝鮮の豆腐の一種です。


原材料名を確認すると、かやく入りスープには唐辛子・にんにく・生姜といった香辛料や、魚醤・いか粉末といった海鮮系の味付け、味付き肉そぼろ・卵・ねぎといった具材が含まれていることが分かります。


1食17g当たりのカロリーは68kcal。


容器の中には、かやく入り粉末スープとフリーズドライの豆腐が入ってます。


先ほどと同様に、カップに粉末スープと豆腐を入れて……


熱湯を注いで30秒ほど待つとこんな感じ。赤いスープに豆腐・卵・ねぎといった具材が浮かんでいます。


一口食べてみると、海鮮ベースの味付けのピリ辛スープが豆腐に染みこんでいます。また、にんにくの風味が強く感じられ、全体的に濃い目の味付けです。スープはピリ辛ですが、豆腐のまろやかな味と中和されて食べやすい辛さに感じました。ただし、辛いものが苦手な編集部員は「辛くて口が痛い」と感想を述べていました。


「とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ」には味付けミンチもたっぷり入っているので、食事に添える汁物としてだけでなく、小腹がすいた時などに単体で飲んでも満足できる一品です。


最後に、「とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ」を食べてみます。


原材料名を確認すると、かやく入りスープには唐辛子・にんにく・しょうが・花椒といった香辛料や、味付き肉そぼろ・ねぎといった具材が含まれていることが分かります。


1食当たりのカロリーは52kcalです。また、内容量は「おとうふの旨だし豆乳スープ」や「純豆腐 スンドゥブチゲスープ」よりわずかに少ない15gでした。


容器の中には、かやく入り粉末スープとフリーズドライの豆腐が入っています。


容器に粉末スープと豆腐を入れて熱湯を注ぎ、30秒待つとこんな感じ。


実際に食べてみると、麻婆豆腐に特徴的な「舌がしびれるような辛味」が感じられます。唐辛子の辛味は弱めで、花椒のしびれるような辛さが前面に出ています。また、スープにはとろみが付いており、本格的な麻婆豆腐の味わいがリアルに再現されていました。


「とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ」は花椒の辛味がかなり強めなので、ご飯がどんどん進むカップスープでした。


「とろけるおぼろ豆腐 純豆腐 スンドゥブチゲスープ」と「とろけるおぼろ豆腐 おとうふの旨だし豆乳スープ」は2021年3月上旬から、「とろけるおぼろ豆腐 シビ辛麻婆豆腐スープ」は3月1日から全国の小売店で購入可能で、希望小売価格はいずれも税抜170円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
どん兵衛の和風だしの豊かなうまみがモチモチ麺にガッツリ絡む「日清のどん兵衛 きつね焼うどん」を食べてみた - GIGAZINE

日清焼そばU.F.Oにだしを効かせて「鰹風味だしフレーク」で追いだしした「日清焼そばU.F.O. 濃い濃いだしソース焼そば」試食レビュー - GIGAZINE

1食100kcal以下で夜遅くでも罪悪感なくペロッと食べられるハウス食品「やさしく夜遅カレー」試食レビュー - GIGAZINE

花椒のしびれと唐辛子の辛さが合わさった「シビ辛」がたまらない「ポケチキ(麻辣味)」をファミマで買って食べてみた - GIGAZINE

赤ワイン仕立ての濃厚なハッシュドビーフを包んだローソンの「ハッシュドビーフまん」試食レビュー - GIGAZINE

「食べログ」で選ばれた人気カレーを手軽にサクッと楽しめるハウス食品「選ばれし人気店 スリランカカリー」など新3種を食べてみた - GIGAZINE

レモンとバジルの風味がチキンのうまみを爆増させる「バジルアボカドツイスター」をケンタッキーで買って食べてみた - GIGAZINE

音が響くほどの圧倒的なパリパリ食感の春巻きに大きな具材がたっぷり入った「たっぷり豚肉春巻」を食べてみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.