メモ

通常のフォロワーには表示されない投稿をサブスクリプション方式で表示させる「スーパーフォロー」機能をTwitterが発表


一定額を支払うことで、投稿者が通常のフォロワーには表示されないように設定した限定投稿を見られるようになる新機能「スーパーフォロー」をTwitterが発表しました。この機能により、クリエイターたちがTwitter上で直接収益を獲得できるようになるとのことです。

3_AnalystDay2021_Kayvon-Dantley.pdf
(PDFファイル)https://s22.q4cdn.com/826641620/files/doc_presentations/Analyst_Day_2021/3_AnalystDay2021_Kayvon-Dantley.pdf


Twitter reveals 'Super Follow' paid service, new groups feature, more at Analyst Day event - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2021/02/25/twitter-reveals-super-follow-paid-subscription/

Twitter to let users charge followers to see premium posts
https://apnews.com/article/media-social-media-1fd321b6bf32d0745f34f0eb34c86a62

「スーパーフォロー」は2021年2月15日に行われた投資家向けイベント「Twitter Analyst Day 2021」で発表されました。「スーパーフォロー」はこのように、「フォローする」ボタンの左隣に出現するアイコンからアクセスします。


タップするとダイアログが開き、最下部の「Super Follow」を押すとスーパーフォローが行えます。


スーパーフォローをすると、サポーターバッジやスーパーフォローした人限定のニュースレター、限定コンテンツ、お得な情報と割引、コミュニティへのアクセス権限が得られます。価格は月額4.99ドル(約530円)で、いつでもキャンセル可能です。スーパーフォローした人だけが特定のツイートやリプライを見られるという設定もあるようです。


またTwitterは同じイベントにおいて、ユーザーがニュースレターを無料または有料で公開する「Revue」機能、グループ機能、不正なアカウントを自動的にブロック・ミュートする機能を導入する予定であるとも発表しました。これらの新機能は依然開発中とのことですが、Twitterは今後数カ月でさまざまな情報を共有していくと述べています。


他の企業が提供するクリエイター向けのサブスクリプションサービス「Patreon」や「OnlyFans」が台頭している中、Twitterユーザーや投資家たちはTwitter独自のサブスクリプションモデルの作成を長い間求めていました。Twitterは「スーパーフォローの登場により、より幅広い収益源を利用できるようになる」と述べています。一方、収益をクリエイターたちとどのように分配するかの詳細については明かされませんでした。Twitterは2023年末までに3億1500万人のアクティブユーザー獲得と、年間収益の倍増を目指していると語っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界のニュースサイトはサブスクリプション方式でどれぐらい稼いでいるのか - GIGAZINE

Twitterがサブスクリプションプラットフォーム「Gryphon」の開発に取り組んでいることが判明 - GIGAZINE

月額課金のサブスクリプション方式の成否は「ユーザーの解約率」だけでは正しく評価できない - GIGAZINE

Twitterがニュースレター配信サービスのRevueを買収、無料でニュースレター発信が可能に - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.