サイエンス

「海底ケーブルで地震を早期検知する」という技術が登場


大陸間の通信を確立するため、太平洋や大西洋などには「海底ケーブル」が敷設されています。そんな海底ケーブルを活用し、「地震を早期検知する」という研究が新たに大手学術誌Science上で発表されました。

Optical polarization–based seismic and water wave sensing on transoceanic cables | Science
https://science.sciencemag.org/content/371/6532/931


How one of Google’s massive undersea cables detects earthquakes - The Verge
https://www.theverge.com/22301097/google-undersea-cable-detects-earthquakes

Your Google search history could help prevent natural disasters
https://www.inverse.com/innovation/google-curie-subsea-cables-earthquake-detection

カリフォルニア工科大学のZhongwen Zhan助教授らが発表したのは、追加の機器を設置することなく、すでに海底に設置されている既存の光ファイバーケーブルだけで地震を検出するという手法。Zhan助教授らは、カリフォルニア-チリ間を結ぶGoogleの私設海底ケーブル「Curie」を利用し、2019年12月から2020年9月にかけて転送された光パルスの「ゆがみ」を測定。地震が発生した際には、海底ケーブルがまるで引っ張るかのように光パルスに偏光が生じると確認しました。

Zhan助教授らによると、Curie周辺における5~10ミリヘルツ帯の地震波・水波の検出ならば可能で、すでに中規模から大規模の地震20件やメキシコ・オアハカ州南部で発生したマグニチュード7.5の地震の検出に成功したと報告。また、「海上の嵐が生み出した大波までをも検出した」としており、地震だけでなく津波の検出にまで転用可能だと語っています。


Zhan助教授は、発表時点では地震の発生地点を検出する精度に難があると認めつつ、今回の技術が追加の機器を要しないためデータの改ざんや機器盗難などのリスクはないと主張。「今回の技術が既存のシステムに影響を与えることなく社会的利益を高めることができる」と述べて、今後は検出精度の向上やノイズの削減に注力する予定だと語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界の海底ケーブルの敷設位置が一目でわかる世界地図「Submarine Cable Map」 - GIGAZINE

インターネットは海底に敷かれたケーブルによって成り立っている - GIGAZINE

Googleが絶海の孤島に最新テクノロジーの海底ケーブルを設置する理由とは? - GIGAZINE

Googleがアメリカとフランスを結ぶ海底ケーブル「Dunant」の運用準備を整えたと発表 - GIGAZINE

Googleが大西洋を横断してアメリカとヨーロッパを結ぶ海底ケーブル「Grace Hopper」の敷設を発表 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.