メモ

ビットコインの価格がさらに下落、中国の取り締まり強化が原因か


イーロン・マスクCEOの発言で暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格が増減していると指摘されていますが、今度は中国の取り締まり強化により、ビットコインの価値が下落したことが判明しました。

Crypto Market in Freefall: Bitcoin Falls 30%, Ethereum Falls 38% - Decrypt
https://decrypt.co/71360/crypto-market-crash-bitcoin-ethereum-plummet

Bitcoin falls almost 30% after China crackdown | Bitcoin | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2021/may/19/bitcoin-falls-30-after-china-crackdown

Explainer: What Beijing’s new crackdown means for crypto in China | Reuters
https://www.reuters.com/world/china/what-beijings-new-crackdown-means-crypto-china-2021-05-19/

仮想通貨のビットコインは2020年末から価格が上昇しはじめ、2021年4月上旬には1BTCあたり約689万円にまで上昇しました。これにはテスラが自動車購入にビットコインを利用可能にすると発表したことなどが関係していますが、環境への影響を考慮した結果テスラ車のビットコイン購入が一時停止と発表されると、価格が大きく下落。1BTCあたり約523万円となり、暗号通貨市場全体の価値は約266兆円から約225兆円に減少しました。

テスラが「ビットコインでの自動車購入」を停止した後に40兆円が吹っ飛ぶ、イーロン・マスクはTwitter上で弁明 - GIGAZINE


その後、5月18日頃からさらにビットコインの価格が下がり、記事作成時点で1BTCあたり約398万円となりました。


この下落は中国で仮想通貨の使用に対する取り締まりがあったためだとみられています。中国では2017年に仮想通貨についての規制が設けられましたが、金融業界団体は2021年5月18日に銀行やオンライン決済会社などに対し、「口座開設・登録・取引・精算・決済・保険などの暗号資産関連のサービスを提供しないように」と2017年の規制について再度呼びかけました。

加えて、中国人民銀行は新しい禁止措置を導入。この措置により、金融機関が仮想通貨を受け入れることや、支払いの決済手段とすることの禁止が改めて明確になりました。また、仮想通貨と、人民元および外貨を交換することも禁じられました。仮想通貨の貯蓄、信託、質権設定のほか、仮想通貨に関連した金融商品を提供すること、信託商品やファンドによる投資対象とすることも同様に禁じられています。


中国当局の取り締まりにより、ビットコイン価格は24時間で30%の下落を記録したとのこと。

規制当局は「最近、仮想通貨の価格は急騰・急落しており、投機的な仮想通貨の取引はリバウンドし、人々の財産の安全を侵害し、財政秩序や経済を破壊しています」と声明で述べました。

価格が下落した仮想通貨はビットコインだけではありません。イーサリアムは24時間で価格が40%急落して24万円に。


またドージコインも下落しました。


なお、テスラのイーロン・マスクCEOはビットコインの環境への影響を解決すべき課題とみていますが、自身のTwitterで「テスラはダイヤモンドを持っています」とその可能性について示唆しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ビットコインが一時ピークから30%下落、相場がイーロン・マスクの発言に振り回されているとの指摘 - GIGAZINE

仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ - GIGAZINE

ビットコインなど仮想通貨の電力消費量や二酸化炭素排出量を一目でわかるようにした「Coin Carbon Cap」 - GIGAZINE

ゲームボーイでビットコインをマイニングする猛者が登場、単3電池4本で採掘可能 - GIGAZINE

テスラが「ビットコインでの自動車購入」を停止した後に40兆円が吹っ飛ぶ、イーロン・マスクはTwitter上で弁明 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.